今年も出ました「World Series collector’s edition」

14毎年この時期になるとアメリカでリリースされる冬の風物詩といえばワールドシリーズの特集DVD。特に人気の高いのが全試合ノーカットで完全収録したボックスセット「World Series collector’s edition」です。
毎年12月の上旬に発売されます。今年はロイヤルズ対メッツでしたが両チームのファンにとっては大変貴重なアイテムといえます。なんといっても全5試合を5枚のDVDに収録しそれぞれ1回表から最終回までノーカットで完全収録 。古いものはリージョン1でしたが2006年のシリーズからはリージョンフリーになったので日本のふつうのDVDプレイヤーで再生できるのもうれしいですね。ブルーレイも同時発売です。

全8枚組みで、残りの3枚はアメリカン・リーグ地区シリーズ第5戦のアストロズ戦とアメリカン・リーグ優勝決定シリーズ第6戦のブルージェイズ戦、そしてシリーズを総括する内容のボーナスDVDです。収録時間が8枚合計で19時間を越える大作です。(ちなみにこの「World Series collector’s edition」でダントツに売れているのが2009年のヤンキース vs フィリーズです。松井選手がシリーズMVPに輝いたあのシリーズです。やっぱりヤンキースは日本では別格の人気がありますね。)

来年はレッドソックス vs カブスのマッチアップを期待しています。どちらもアメリカ全土をカバーする超人気チームなのでもし実現したらとんでもないくらいの盛り上がり必至でしょう。カブスはけっこう現実味ありますがレッドソックスがそこまで行けるかが問題です(笑)。

さてクリスマスまであとわずか。個人的に一番のおすすめはこの人、マイケル・ブーブレです。唯一無二の美声を持つ男、あのデイヴィッド・フォスターがその声に魅了されたのもわかります。デイヴィッド・フォスター全面サポート、プロデュースでデビューし今や世界ナンバーワンの人気シンガーといっても過言ではない超スーパースターとなりました。とにかくいい声です。この人のクリスマスアルバムなので悪いはずがありません。「ホワイト・クリスマス」「サンタが街にやってくる」「ウィンター・ワンダーランド」「ブルー・クリスマス」「シルヴァー・ベルズ」などおなじみのクリスマスナンバーをたくさん収録。
ボクの一番のお気に入りはホセ・フェリシアーノでおなじみの「フェリス・ナビダ」。最高です。

 15