またまたカントリーネタですいません

11112

またまたカントリーネタですいません。約1000枚のカントリーのCDを仕分け&チェックしていたところ相当濃いCDを2つ見つけました。1つ目は「Common Thread: Songs of the Eagles」というコンピレーションアルバムです。1993年に発売されたのでもう20年以上も前に出たCDですがタイトルでもわかるようにイーグルスのカバー集です。リリース当時はイーグルスのカバー集ということで気にはなったのですがカバーしているのがカントリーシンガーということでちゃんと聴きもせず完全スルーしたCDでした。今回はじめてちゃんと聞いてみましたが出てくるサウンドが素晴らしくて涙がチョチョ切れました(笑)。古き良きアメリカがぎっしり詰まったようなCDです。毎日聴いています。

そしてもう1枚はJulianne Hough(ジュリアン・ハフ)という女性シンガーのCDです。とにかく美人すぎて思わず仕事の手が止まってしまいました(笑)。2008年リリースのこのデビューアルバムは全米のカントリーチャートで1位になったそうですが全く知らない人でした。いろいろ調べてみると女優としても活躍しているそうですね。サウンドはまあまあという感じでした。やっぱり美人はお徳ということで(笑)

CCF20160403_00000