Nick Colionne / Influences

1

病院での入院生活はとにかく暇なので空いてる時間は食堂でパソコンをしています。陽当たりが良くて窓からは新緑の木々が風にそよぐけっこう爽やかな風景が目に入ります。こんな時に聴きたい音楽は何かなあ、と思った時にふと頭に浮かんだのが今年4月にリリースされたスムース系ギタリスト、ニック・コリオーネの新作でした。日本ではまだまだ知名度は低いと思いますがジョージ・ベンソンを彷彿とさせるメロウ&アーバンサウンドがご機嫌です。このアルバムはたしか9作目だと思いますがこの人のウリであるメロー・ファンキーといいますか適度にノリがあってけっしてダレすぎないサウンドにますます磨きがかかったようです。個人的にはR&B色も感じられるところが一番気に入っているところです。ジョージ・ベンソンはもちろん、ノーマン・ブラウン、ユーナムあたりが好きな人におすすめです。おしゃれには相当うるさい人らしいですがジャケットはちょっと微妙(笑)。

ジャケットで思い出しましたがNILSの「Pacific Coast Highway」という2005年に出たアルバムもボクの愛聴盤です。とにかくタイトルが秀逸です。タイトル通りドライブのBGMにもってこいの爽やかギターフュージョンの決定版ですがこちらもジャケットが微妙(笑)。

2