マット・ダフィーのこと

13766

 

 

 

 

レッドソックスといえばアメリカンリーグですがもう一方のナショナルリーグでぼくの一番のお気に入りは(たびたびブログでも書いてきましたが)サンフランシスコ・ジャイアンツです。2010年、2012年、2014年と1年おきにワールドチャンピオンとなり順番からいうと今年は優勝することになっています(笑)。
シーズンの出だしは絶好調でナショナルリーグの西地区ではぶっちぎりの一位だったのにあれよあれよという間に大失速しドジャースに抜かれもう地区優勝は絶望です。あとはワイルドカードでの突破を目指すのみですがこれも現在3チームで競って大混戦状態です。
ところでなぜこんなに派手に失速してしまったのでしょうか。アメリカでは失速した原因をマスコミや評論家がいろいろ指摘しているようですがボクが決定的な理由を発表したいと思います。

マット・ダフィーです。

地味ながらコツコツ頑張るボク好みの選手でしたが8月1日にレイズにトレードされました。そして彼がいなくなってから大失速が始まったのです。
マット・ダフィーが在籍していた7月末時点では60勝44敗だったのにいなくなってからは9月25日現在で22勝29敗なのです。もっとも彼はトレードされる時点で打率は2割5分ちょっとでたいして活躍もしていなかったので失速したのはいわゆる「目に見えない流れ」でしょうね。

落ち目のジャイアンツですがまだワイルドカードから勝ち上がってワールドシリーズに出ることは可能です。最後にひと踏ん張りしてもらいたいところです。レッドソックス vs ジャイアンツ という夢のマッチアップが見たいですね。