Tony Lindsay / Tony Lindsay

32

地味なソウル~R&Bシンガーの91年以来14ぶりにリリースされた2005年のセカンド・ソロ・アルバム。知名度は高くありませんがサンタナやアレサ・フランクリン、レジーナ・ベルなどと仕事しているので実力は確かなものがあります。個人的には5曲目の「I Can’t Pretend」、スローバラードですが、一押しです。他にもファンキーバリバリの曲からアコースティックギターが涼しいミディアムテンポの曲など盛りだくさん。メロウチューンに必殺曲が揃います。70~80年代のソウル・ミュージックに触れてきた人もきっと満足するのではないでしょうか。隠れた名盤といえます。