裏ワールドシリーズか

2

レッドソックスは敗退したもののメジャーリーグのプレーオフもまずまずの盛り上がりです。本日は各リーグの優勝決定戦の最中ですがここまで勝ち残った4チームがアメリカの人口の多い都市のTOP4ということがちょっとした話題になっています。ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴまでは誰でもわかりますがヒューストンが4番目とは意外でした。ぼくはてっきりフィラデルフィアだと思っていました。金沢は46万人ですがこの規模のメジャー球団となるとカンザスシティ・ロイヤルズあたりですね。全米で最も商業圏の小さいメージャー球団といわれているところが金沢と同じ規模か、と、妙に納得してしまいました(笑)。

さて表題の「裏ワールドシリーズ」についてですがこれは「ドジース vs ヤンキース」のことです。まだ各リーグの優勝決定戦の結果は出ていませんが、もしこの組み合わせになったら日本のマスコミは涙を流して喜ぶことでしょう。なにしろ全米屈指の人気と伝統を誇るチームの対決です。しかも片方にはダルビッシュとマエケン、もう一方にはマーくんと日本人スターもそろっています。まさに考えうる最強の対決です。まあ今年で言えば「ツインズ vs ロッキーズ」の可能性もあったので両チームのファン以外はこれよりはいいでしょう(笑)。ではなんで「裏」なのかの説明を少し。ぼくの大好きなレッドソックスの永遠のライバルといえばヤンキース、ぼくの大好きなサンフランシスコ・ジャイアンツの永遠のライバルといえばドジャース。つまり嫌いなライバルチーム同志の対決なんですね。オチがしょぼくてスイマセン。