ジョン・ファレルもジラルディも

Boston Red Sox v Tampa Bay Rays3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のワールドシリーズは面白かったですね。2000年以降では一番ではないでしょうか。前回のブログでは「ダルビッシュとマエケンは大活躍したけれど結局アストロズが優勝した、という結果を予想しております」と書きましたが予想外だったのはやはりダルビッシュの悲惨な結果です。3戦目の背信投球はまだシャレで済みますが最終第7戦の2回途中ノックアウトはちょっとひどかったですね。ここで一世一代の快投を見せれば永遠にロサンゼルスのヒーローとして生きる伝説になったのに残念でなりません。

残念といえばジョン・ファレルがレッドソックスの監督を解任されました。予想はしていましたがメジャーの監督はやっぱり厳しいですね。で、代わりがアレックス・コーラとはあまりにも小物ではないでしょうか(笑)。今年優勝したアストロズでコーチとしてヒンチ監督を支えていた手腕にとりあえず期待しましょう。ファレル前監督には「2013年の世界1ありがとう」と感謝しております。

そういえばヤンキースのジラルディ監督も去ります。解任ではなく契約満了による退任ですが本人は契約が更新されなかったのが不満らしいですね。若くて才能ある選手がそろってきたのでもう1年やらせても良かった気もします。でもボクはジラルディの力量を結構評価しているのでファレルと違ってすぐに次の球団が見つかるでしょう。そういえばヤンキースの次期監督候補としてジョン・ファレルの名も出ているという記事を見てびっくりです。悪い冗談はやめましょう(笑)。