Alexandra Jackson / Legacy & Alchemy

3

今回紹介するのはこの人アレクサンドラ・ジャクソンです。全く知らない人でした。この人を知ったのはたまに店で流しているアメリカのFMです。とんでもないほど心地よいボザタッチの曲が流れてきて思わず仕事の手を止めてしまいました。今流行りの言葉で表現すると「半端ないって」って感じですね(笑)。チェックすると「Turns Your Heart Around」という曲でした。

で、この人のことをいろいろ調べてみるとアメリカのシンガーで今年の4月に「Legacy & Alchemy」というアルバムでデビューしたようです。ぼくが感動した曲もこのアルバムに収録されていました。びっくりしたのはお父さんが元アトランタ市長のメイナード・ジャクソンだということ。マジか(笑)。やはり子供の頃から愛してきたのはブラジル音楽らしいですね。

ITunesで全曲チェックしたところ全体的にとても良くできた作品でした。心地よいボサノバタッチの曲に加え「Corcovado」「イパネマの娘」などボサノバの名曲のカバーもいろいろ演っていたりしてオシャレ度満点。ポルトガル語で歌っている曲もあります。

ITunesでのダウンロードが3000円というのも高くてびっくり。ふつうは2000円くらいでしょう。アマゾンではCDの販売なしでダウンロードのみでこちらは3200円。HMVでは取扱いなしでした。最近多いダウンロードのみの販売なのかと思っていたら時々利用しているアメリカのインディーレーベル「CD BABY」からCDが入手出来ることを発見(笑)し早速オーダーしました。届くのが楽しみです。ウィンドミルおすすめ№1作品の紹介でした。

1. Tudo Que Voce Podia Ser (feat. Arthur Maia, Marco Brito & Marcelo Martins)
2. Amazon Farewell (feat. Carlinhos Brown)
3. A Felicidade (feat. Paulo Jobim & Daniel Jobim)
4. All One (feat. Al Jarreau, Larry Williams & Oscar Castro-Neves)
5. Labirintos (feat. Banda Black Rio, Hubert Laws, Maestro Charles Floyd & The Bossa Nova Noites Orquestra)
6. Anjo de Mim (feat. Ivan Lins)
7. Corcovado (feat. Miles Davis, Antonio Carlos Jobim & Ivan Lins)
8. Sonho Meu (feat. Dona Ivone Lara, Max Viana & Pretinho da Serrinha)
9. Stage (feat. Larry Dunn, Al McKay, Darryl Jones & Teo Lima)
10. Futuros Amantes (feat. Maestro Larry Williams, The Bossa Nova Noites Orquestra & Ricardo Silveira)
11. Somos Todos Iguais Esta Noite (feat. Ivan Lins)
12. Black Sailors (Interlude) [feat. Kevin Spears & Andre Siqueira]
13. Veleiros Negros (feat. Paulo Calasans, Joao Castilho, Andre Siqueira & Curtis King)
14. Girl from Ipanema (feat. Jesse Sadoc)

 ★15. Turns Your Heart Around (feat. Chris Walker & Larry Williams)

16. Força da Imaginação (feat. Dona Ivone Lara & Pretinho da Serrinha)
17. Our Time Now (feat. Rod Temperton, Chris Walker, Siedah Garrett & Armando Marcal)
18. Brazilica (feat. Darryl Jones, Teo Lima, Armando Marcal, Larry Dunn, Maestro Charles Floyd, The Bossa Nova Noites Orquestra, Larry Williams, Marco Brito & Ricardo Silveira)