CD到着

DSCN2861DSCN2854DSCN2865

前回紹介したAlexandra JacksonのCDがCD BABYから届きました。立派な作りでびっくりです。見開きデジパック仕様。しかもCD2枚組ではありませんか。もちろんプレス盤です。日本のアマゾンではまだCDの取扱いはありませんがアメリカのアマゾンとイギリスのアマゾンではCDの取扱いが始まりました。哀愁感漂う5,6,7曲目の流れが心に染みます。
オシャレボサ好きの人にはたまらない1枚、いや2枚です。

Alexandra Jackson / Legacy & Alchemy

3

今回紹介するのはこの人アレクサンドラ・ジャクソンです。全く知らない人でした。この人を知ったのはたまに店で流しているアメリカのFMです。とんでもないほど心地よいボザタッチの曲が流れてきて思わず仕事の手を止めてしまいました。今流行りの言葉で表現すると「半端ないって」って感じですね(笑)。チェックすると「Turns Your Heart Around」という曲でした。

で、この人のことをいろいろ調べてみるとアメリカのシンガーで今年の4月に「Legacy & Alchemy」というアルバムでデビューしたようです。ぼくが感動した曲もこのアルバムに収録されていました。びっくりしたのはお父さんが元アトランタ市長のメイナード・ジャクソンだということ。マジか(笑)。やはり子供の頃から愛してきたのはブラジル音楽らしいですね。

ITunesで全曲チェックしたところ全体的にとても良くできた作品でした。心地よいボサノバタッチの曲に加え「Corcovado」「イパネマの娘」などボサノバの名曲のカバーもいろいろ演っていたりしてオシャレ度満点。ポルトガル語で歌っている曲もあります。

ITunesでのダウンロードが3000円というのも高くてびっくり。ふつうは2000円くらいでしょう。アマゾンではCDの販売なしでダウンロードのみでこちらは3200円。HMVでは取扱いなしでした。最近多いダウンロードのみの販売なのかと思っていたら時々利用しているアメリカのインディーレーベル「CD BABY」からCDが入手出来ることを発見(笑)し早速オーダーしました。届くのが楽しみです。ウィンドミルおすすめ№1作品の紹介でした。

1. Tudo Que Voce Podia Ser (feat. Arthur Maia, Marco Brito & Marcelo Martins)
2. Amazon Farewell (feat. Carlinhos Brown)
3. A Felicidade (feat. Paulo Jobim & Daniel Jobim)
4. All One (feat. Al Jarreau, Larry Williams & Oscar Castro-Neves)
5. Labirintos (feat. Banda Black Rio, Hubert Laws, Maestro Charles Floyd & The Bossa Nova Noites Orquestra)
6. Anjo de Mim (feat. Ivan Lins)
7. Corcovado (feat. Miles Davis, Antonio Carlos Jobim & Ivan Lins)
8. Sonho Meu (feat. Dona Ivone Lara, Max Viana & Pretinho da Serrinha)
9. Stage (feat. Larry Dunn, Al McKay, Darryl Jones & Teo Lima)
10. Futuros Amantes (feat. Maestro Larry Williams, The Bossa Nova Noites Orquestra & Ricardo Silveira)
11. Somos Todos Iguais Esta Noite (feat. Ivan Lins)
12. Black Sailors (Interlude) [feat. Kevin Spears & Andre Siqueira]
13. Veleiros Negros (feat. Paulo Calasans, Joao Castilho, Andre Siqueira & Curtis King)
14. Girl from Ipanema (feat. Jesse Sadoc)

 ★15. Turns Your Heart Around (feat. Chris Walker & Larry Williams)

16. Força da Imaginação (feat. Dona Ivone Lara & Pretinho da Serrinha)
17. Our Time Now (feat. Rod Temperton, Chris Walker, Siedah Garrett & Armando Marcal)
18. Brazilica (feat. Darryl Jones, Teo Lima, Armando Marcal, Larry Dunn, Maestro Charles Floyd, The Bossa Nova Noites Orquestra, Larry Williams, Marco Brito & Ricardo Silveira)

 

 

455円って何!(笑)

1

きのう久々にBABYMETALの「Live At Budokan Red Night Apocalypse」という輸入盤が売れました。CDとDVDがセットになったもので10000枚限定プレスというアイテムです。発売されてもう2年半ほどたつのでわざわざブログに書くこともないのですが問題はその後です(笑)。

売り切りも考えましたが一応BABYMETALだしベストセラー商品だしもう一回入れるか、とアメリカの取引先の在庫状況を調べた後に念のためアマゾンを見るとなんと新品が455円で販売されていたのです。えっ、という感じで2度見してしまいました(笑)。急いでオーダーすると枚数制限があり3枚しかオーダーできませんでしたがそれでも驚きでした。これまで2000円はしていたのになんで455円なのでしょうか。1455円でも十分売れるでしょうに。

で、びっくりしたのは翌日(要するに本日)もまだ特価で売っているのです。ちなみに本日は478円とちょっと高いだけです。昨日1日で全国から山のように注文が来たでしょうに2年半前の10000枚限定商品をまだ持っているアマゾン。この値段設定も含めてナゾです。商品の詰まった未開封のダンボール箱が倉庫の隅に何箱も置きっぱなしになっていたのを偶然見つけて焦った、というのがボクの予想するところです(笑)。

五十嵐浩晃 / 愛は風まかせ

DSCN2674

店の倉庫をゴソゴソ整理していたら懐かしいCDが出てきました。五十嵐浩晃のファーストアルバムです。そういえば昔よく聞いたもんだ、と久々に聴いてみました。やっぱり「愛は風まかせ」は名曲ですね(笑)。この人この後もたくさんアルバム出していますが内容的にはこのファーストがピカイチでしょう。ちなみにアマゾンで価格チェックしたら中古盤で軽く3000円を超えていました。最高で9660円。びっくりでした。さっそく出品したいと思います(笑)。

この人今でも地元北海道で音楽活動をしているそうですがYouTubeで五十嵐浩晃を検索すると「愛は風まかせ」などを歌う最近の姿も見られます。「歳とったなあ」と思いましたが変わらずの美声、さすがです。

Chad Borja / Show Me The Way (2000)

1

先月福岡から30時間車を運転して来てくれたお客さんの話をしましたが、その時店でいろいろ音楽をかけた中で一番気に入ったと言われたのがこのChad Borjaです。多分知っている人はあまりいないと思うのでせっかくなので紹介します。この人フィリピンのシンガーです。AORファンの間ではまさに知る人ぞ知るという名盤「Show Me The Way」を2000年にリリース。やさしいメロディ、ハートウオームなヴォーカル、都会的センスあふれるAORサウンドが堪能できます。ジャケットだけ見たら「なんだこの兄ーちゃん」って感じなんですけどね(笑)。その後大病を患いましたが見事復活し2013年にアルバム「Ikaw Lang Sa Habang Buhay」でカムバックしました。このアルバムもいいのですがやはり2000年のファーストアルバムは別格です。時々店でかけますが「今かかってるの何ですか」とよく聞かれます。CDはもう入手困難ですが1500円くらいでアマゾンでもダウンロードできます。

1 / 1212345...10...最後 »