いよいよポストシーズンに突入

1

メジャーリーグもいよいよ大詰め、ポストシーズンに突入です。ことしは老舗人気球団のカブスやドジャース、大都市の人気球団メッツがいるので華やかさがありますね。レッドソックスもジャイアンツも今年はダメでしたがそれでも大いに楽しめそうです。ワイルドカード同士の1本勝負は終わりましたがファンのパイレーツが負けたのはちょっと残念でした。しかしワイルドカードを獲得してもその先に進むための戦いがたったの1試合しかないというのも酷ですねえ。シーズン160試合以上戦ってやっと獲得したワイルドカードです。もし日本だったら3試合制にして先に2勝した方が勝ち、になるでしょう。TV放映権や入場料収入がこっちがお得、と考えるからです(笑)。

しかし1発勝負だと盛り上がりも注目度も全然違うし、なにより地区優勝の価値がぐんと高まります。このワイルドカード1発勝負というのは誰が考えたか知りませんがよくできた制度です。

さて今年のポストシーズンを勝ち抜きワールドチャンピオンに輝くのはどこか。カブスが優勝したらアメリカ中大騒ぎ間違いなしですが、ちょっと厳しいのでは。

レンジャーズとメッツがワールドシリーズに勝ちあがり優勝はレンジャーズ、

と予想します。今年の春先にメジャー専門誌「スラッガー」で全30球団のパワーランキングを紹介していましたがレンジャーズはたしか30チーム中27位で「5割絶対無理、最下位確実」とボロクソ評でした。しかしこれでもしワールドチャンピオンにでもなったらトミージョン手術で今年全く投げなかったダルビッシュは複雑な心境でしょうね(笑)。

 

 

 

 

 

 

おすすめの大乗寺丘陵公園

ここ数年運動というと週末のウォーキングぐらいで、つまり普段ほとんど運動していないこともあり、最近筋力、特に足の衰えを感じるようになりました。跳躍力が極端に落ちたわけです。軽く飛んでみたところこれまでの半分くらいしか飛べないのです。これはショックでした。
筋力というのは徐々に衰えるのではなく落ちるときは一気に落ちるものなんだな、と痛感しました(もちろん個人差はあるでしょうが)。しかもボクの場合は右足と左足の筋力が違っていました(笑)。片足飛びをしてみると左は元気にぽんぽんぽんといくのに右は3歩くらいでガクッとなってしまいます。これはまずい、ということで最近急にランニングがメインの運動を始めました。普段は10分くらい走る程度ですが週末は車で少し遠出して景色の良いところを走っています。運転を含め毎回付き合ってくれる相方には感謝しています。

最近のお気に入りのスポットは車で15分くらいのところにある大乗寺丘陵公園というところです。広大な敷地に芝が敷き詰められ高台なので景色も抜群で走っても歩いても最高に気持ちがいいところです。しばらく通ってしっかりランニングして足を鍛えます(笑)。ちなみに写真の階段は約130段あり3往復ほどしています。

 

000

感動!ラグビー、ワールドカップ

1

ここ数年はスポーツ中継を見て感動してしびれることなどなかったのですが、きょう本当に久しぶりに鳥肌が立ちました。

ラグビーのワールドカップです。

今日は日本と優勝候補の南アフリカとの試合でした。ラグビーは特に大ファンということもなくて暮れの早明戦をチェックするくらいですが、さすがにワールドカップはちょっとばかり注目です。ただ今日は超強豪の南アフリカ戦。野球に例えると東海大相模がレッドソックスと真剣勝負をするようなものです。善戦してほしいけどボロ負けの可能性もあるな、ボロ負けは見たくないな,と思いとりあえずテレビ観戦はやめました。
で夜中にいつものようにパソコンで仕事をしていて途中経過をチェックしたら前半を終わってなんと10-12.。

たったの2点差。

何かの間違いかと思いました(笑)。疲れの出る後半は怒涛のように点を取られ結局ボロ負けというパターンも予想されましたがパソコンでチェックしたら後半に入っても互角の戦いではありませんか。

「やばい、これは見なくては」とここではじめてテレビのスイッチを入れたわけです。

大熱戦に最後まで試合に釘付けです。そして最後の最後、奇跡の逆転トライの瞬間もライブで見届けました。夜中の3時にテレビの前で大声出してガッツポーズしている自分が怖いですね(笑)。 思い起こせばこんな感動は2004年にレッドソックスが86年ぶりにワールドシリーズを制覇して以来ですね。
本当にいいものを見せてもらいました。ラグビーの日本代表の選手のみなさん、感動をありがとうございました。2015年の日本のあらゆるスポーツにおける一番のハイライトシーンはきょうのラグビーの逆転トライの瞬間で決まりでしょう。実況アナウンサーが感動して涙声だったのも印象的でした。

野生のサル in 金沢

101000

あっという間に早や2週間です。毎週ブログを更新していたのが遠い昔のようです(笑)。この2週間の出来事といえばパソコンが無事修理を終えて戻ってきたとか、富山にビールを飲みに行ったとか、相方と金沢オクトーバーフェス(いわゆるドイツのビール祭り)に行ったとかいろいろありましたがそれほど大きな出来事はありませんでした。金沢オクトーバーフェスは去年に続いて2回目ですがやはり1回目の方がインパクトがありましたね。今年は結構静かに雰囲気を楽しみました。音楽に合わせて歌ったり踊ったり異常に(笑)テンションの上がっている人達と淡々と静かにビールを飲むことに集中している人達の対比が面白かったです。そういえばこの2週間で個人的に一番印象深かったのはお客さんから「きょう早朝に医王山をドライブしてたら大きなサルが2匹道路の脇に座っていて目が合っちゃったよ。しかもすぐ近くなのに全然逃げないし」という話を聞いた事でしょうか。ちなみに医王山というのは金沢の中心地からも近い山です。金沢にも野生のサルがいるんですね。びっくりです。そのお客さんはカメラが趣味なのでその写真でもあればブログに載せたのに、と言ったら「あっけにとられてそんな余裕なかった」と残念そうでした。

ところでメジャーリーグですがレッドソックスが早々と脱落してしまったので、その代わりというわけでもありませんがブルージェイズに注目しています。派手な補強、派手なトレードで楽しませてくれるチームです。率いるジョン・ギボンズ監督はキテレツ監督で有名でしたが2013年に監督に復帰してからはすっかりマトモになって(笑)最近は風格さえ漂っています。とにかくレッドソックスの代わりにヤンキースを蹴散らしてくれることを切に願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペパーミント・ブルー

32

またまた2週間以上が過ぎてしまいました。この短い間に携帯は紛失するわ店のパソコンは故障するわ、で大変でした。トラブルというものは重なる時には重なるものです。
携帯は近所の交番に紛失届けを出しに行ったのですが「紛失届けは電話でいいんですよ」と言われました。「紛失届けは電話でOK」 1つ学びました。(4日後に実家で発見されました。心配していた相方には「最近ボケが進んできたんじゃないの」と言われました。「進んできた」ということはすでにちょっとボケているということです。自分では自覚ないですが(笑))
パソコンは修理に出しました。とりあえずノートパソコンを代用していて最低限の事はできますが仕事に必要な情報が入ってないのでとても不便です。なんとか早く戻ってきてほしいです。

話は変わりますが「ブルータス」の7月15号はボクの一番好きな作詞家の松本隆の大特集号でした。発売になることは全く知らなかったのですが富山のお客さんがわざわざ郵送してくれました。本当にありがたいことです。各界の著名人のみなさんが松本隆作品の中のお気に入りの曲やその中の特に気に入ったフレーズを紹介していましたが、なにせ天才作詞家ですから名作がたくさんあります。紹介する作品も各人それぞれでとても興味深く読みました。ぼくの一押しの作品をだれか紹介しているかな、と思ったのですがあいにく(?)なかったのでここで紹介させていただきます。

大瀧詠一の「ペパーミント・ブルー」です。

二人できれいな海を見ているわけですが、まず「眠るような陽を浴びて君はブロンズ色 南向きのベランダで海を眺めている」という言葉ではじまります。「ブロンズ色」という言葉だけて夕暮れ時の美しい海が浮かびます。その少し後に出てくるフレーズ

「斜め横の席を選ぶのはこの角度からの君がとても綺麗だから」

ここです。最高ですね。情景が目に浮かぶようです。おまけにご存知のようにメロディもとんでもなくいいのです。大瀧詠一作品の中でたぶん一番好きな曲です。