ぺこちゃん線香

DSCF0031

店のお客さんから「ミルキーの線香があるよ」と聞いて最初は「へえ~」と思っただけでしたが「火をつけるとミルキーの香りがするよ」と聞いたところで本当なのか確かめたくてさっそくゲットです。648円でした。シャレで買うには高いのか安いのか微妙なところですね(笑)。
で、さっそく火をつけたところなんとも甘い香りが漂ってきました。確かにあの懐かしいミルキーの匂いといえなくもありません。パッケージもぺこちゃんのドアップでいいですね。箱の「食べられません!」は笑えます。
「不二家のミルキー」と「線香のカメヤマ」のコラボ商品みたいです。この線香のカメヤマさんですが調べてみると他にも「ワンカップ大関ローソク」とか「大分むぎ焼酎二階堂ローソク」とか「サクマいちごみるく線香」とかいろいろ作ってるみたいですね。企画力の見事さに拍手。

DSCF0033

今年も能登食祭市場

DSCF0040悪い天気にもかかわらず先週の水曜日に七尾市までお盆の墓参りに行ってきました。たまたま雨が降らずにラッキーでした。その後は毎年恒例ですが能登食祭市場に行っておいしい魚を食べて帰ってきました。広い駐車場は今年も県外ナンバーでいっぱいで中も超満員。食べるまで30分待ちでした。一緒に墓参りに行った母親に「もう完全に七尾の名所やね」と言ったら「地元の人はここでは食べない。安くてもっと美味しいところをたくさん知っているから」と相変わらずきつい事を言っていました(笑)。
それにしてもひどい天気が続きます。とにかく雨、雨です。ニュースで連日報道されている四国や九州ほどではありませんがほんとに何とかしてほしいですね。
九州といいますと先日大分県から藍染工房びぜんやさんのご主人が金沢にやってきました。ご主人といってもボクより若いですが(笑)。毎年1回金沢の百貨店で展示会を行っていてその度にお店に寄ってくれます。今年もたくさん買っていただきました。滞在中にいっしょに飲みに行くというのが恒例行事ですが去年行った焼き鳥屋が気に入ったようで今年も焼き鳥でした。お互いの近況報告や好きな音楽の話をしながら飲むビールは最高です。来年またお会いするのを楽しみにしています。
今年はその展示会にも顔を出し藍染の小さい敷物を購入しました。ビールを飲む時に敷こうと思ったのです。藍染めの渋さとビールがうまく調和して良い買い物でした。その写真をアップしました。相方からは「これシャンパングラスでしょ。せっかくの写真なのに」と言われました。

今年のレッドソックスは・・・

MLB: Kansas City Royals at Oakland Athletics1まだ8月はじめだというのにレッドソックスの2014年は終わったようです(笑)。今年は世界一になった去年のようにはいかないだろう、とは思っていましたがまさかここまで勝てないとは思いませんでした。アスレチックスにトレードされたレスターはシーズン後にFAになりますがどうやらまたレッドソックスに戻る可能性があるようですね。ということは半年他球団に送っただけで強打者のセスペデスを手に入れたことになります。さすがチェリントンです。
しかしレスターはアスレチックスのユニフォームが似合いませんね(笑)。ここのユニフォームは長髪にヒゲの選手が似合うのです。長身、痩せ型ならさらに言うことありません。サマージャがカブスからオークランドにトレードされた時「絶対にアスレチックスのユニフォームが似合う」と思いましたが本当に似合っていますね。完璧です。あのデニス・エカーズリーを思い出させます。
レスターはやっぱりボストンのユニフォームが似合います。すぐ戻ってきてください。レッドソックスには来年頑張ってもらいましょう。去年世界一になっているので完全復活まであと3年くらいは余裕で待てますが(笑)。

 

アイアン・メイデン、ラテックスマスク

DSCF0020アイアン・メイデンの最高傑作といわれる「パワースレイブ」の発売30周年を記念したラテックスマスクが先日発売になりました。店のヘビーユーザーでアイアン・メイデンの大ファンのお客さんがさっそく購入したわけですが、(このブロクでも時々登場するあの(?)人です)あまりにも笑えるマスクだったので写真で紹介しようとしたところ「自分がかぶる」というので今回は本人じきじきの登場となりました。ふだんは写真や釣りが趣味の普通の人なのですがアイアン・メイデンのことになると人格が変わります。これで40越えてますからね(笑)。
「これで街を歩けば受けるだろうね」と悪い冗談を言っていましたが万が一ということもあるので即「やめたほうがいい」と返答しました。

DSCF0026

DSCF0019

行ってきました白峰高原。

2014072016260000店の入居ビルの都合で臨時休業となった20日の日曜日ですが、相方と地元の白峰高原の民宿に行ってきました。元々は日帰りで尾瀬までバス旅行の予定でしたが参加人数が少なくてボツになったのです。しかし日曜日なのに参加人数が少ない、というのですからびっくりでした。
それじゃあ近場の民宿にでもしようか、と急遽あたったのですがどこも予約でいっぱいでした。まあ夏のシーズンですからね。で、まだ予約可能だったのが今回の民宿だったわけです。ということであまり期待せず出かけました。金沢からは車で2時間くらいです。
民宿は「旅館高原」というところでした。山に囲まれて何もないところでした。ほんとに何もないのでかえって潔さを感じたくらいです(笑)。当日のお客さんはぼくら2人だけ。スキー場が目の前にあるのでこれは冬場ににぎわう民宿なんだな、と思っておかみさんに聞くと「冬は大忙しでしたが数年前にスキー場が閉鎖されてからはひまです」との事でした。スキー客相手の民宿なのにそのスキー場がなくなったら大変ですね。
食事はとても豪華で全部食べきれないくらいでした。おそらく近場の清流で釣ったと思われる立派なイワナの塩焼きや地元で採れたであろうぜんまいやこごみなどの山菜料理など大変おいしかったです。風呂も天然風呂で広くてきれいでした。周りは山以外何もないところですが自然に囲まれてのんびりするにはいいところでした。3