3月7日(火)よりしばらく平日休みます。土曜、日曜は営業します。

12報告がギリギリ間際になってしまいましたがあす7日より再入院となりました。病院からは先週その旨の連絡があったのですがホームページの案内が遅れてしまいすいません。
今回は短いと思います。平日は休みますが土日はこれまで通り店を営業予定なのでぜひ週末に集中的に(笑)ご来店お待ちしています。

行ってきました台湾

DSCN1068DSCN1070

台湾から戻って早1週間たちました。予想よりもかなり寒くちょっとびっくりでした。日程に余裕があったので台北観光も楽しめました。かなり大都市ですね。印象深かったのは有名な故宮博物院より蒋介石を祀った中正紀念堂でした。蒋介石の大きな像の下の両サイドに衛兵さんが立っているのですが全く動かないので最初これは蝋人形かなんかだと思っていたら本物の人間だというのでまずびっくり。ホントにピクリとも動きません。1時間で別の衛兵さんと交代するのですがこの交代の儀式が最高にクールでした。うまく説明できませんがとても人間の動きとは思えないメカニックな体移動でした。交代を最後まで見ずエレベーターで一階のロビーに降りたところなんと交代で仕事を終えた衛兵さんたちもエレベーターで降りてきたわけです。そしてエレベーターのドアが開いた瞬間からまた例のとても人間の動きとは思えないメカニックな体移動で一階のロビーを歩き出したのです。最初はジョークかと思いました(笑)。唖然と見つめる僕らの前を悠然とすぎていきました。そして何事もなかったかのように人ごみの中に消えていったのです。ちなみに3人の衛兵さんの手足の動きや角度は一糸乱れず完璧にそろっていました。その時の写真をアップしました。台湾恐るべし。

それから肝心の結婚式も大変よかったです。日本の結婚式と二次会の中間くらいの雰囲気という感じでしょうか。とてもラフでフレンドリーですね。ジーパンで来る人も多かったです。ちなみに花嫁は大変美人でした(笑)。
それにしても台湾の人は親切な人が多くほんとに親日的なところなんだな、と思いました。台湾はとてもいいところでした。

 

 

 

 

 

そろそろ立春

DSCN0856

退院して毎日元気に働いています。最近は天気のアップダウンが激しく雪も時々降りますが昔と比べると金沢も雪が少なくなったものです。本日2月3日は大変気持ちの良い青空が広がっているので思わず写真を撮ってしまいました。北陸の2月とは思えません。こんな天気だと看板屋さんが頑張って作ってくれた店の看板が映えますね(笑)。

退院しました。来月台湾に行ってきます。

1

月曜日に無事退院しました。約40日間ご苦労さま、という感じですね。あと2回ほど短期の入院が予定されていて今度は2月下旬から3月上旬にかけてになりそうです。次回は10日間くらいでしょう。今回の入院で特に良くなった、ということはないのですがまあボチボチあせらずに治していくか、という感じです。昨日も店には出ましたが本日の定休日をはさんであす木曜日より本格的に店も平常営業となりますのでまたぜひご来店よろしくおねがいします。

ところで2月8日から13日まで6日間結婚式出席のため台湾に行くことになりました。仕事の事とか足の調子が良くない事とかあって最初は行くのどうしよう、と思ったのですがやっぱりめでたい事なので行くことにしました。2月でも暖かいらしいので楽しみです。退院して早々で申し訳ないのですがその間は店休みますのでよろしくお願いします。

入院1か月、激ひまです(笑)

715

 

 

 

 

 

入院もちょうど1か月を過ぎたところです。年末の時点では「11日ごろに退院してすぐ平常営業」の予定でしたがあと少し追加の検査があるということでもうしばらく病院にいることになりました。もともとは「最大2か月くらい」と言われていたのでしょうがないかな、という感じです。ただ今週だけ週末も仕事に出れないのでやっぱり店が気になりますね。来週は確実に土日は店に出ますがとにかくお客さんに迷惑をかけて申し訳ないです。さすがに平日1か月も休むとお客さんから「大丈夫ですか?」と電話をもらうことがありますが足以外はすこぶる元気なのでご安心ください(笑)。

さて入院中に病院で週末を過ごすのは今回が初めてなのですが異常に静かですね。患者の数が半分くらいになった感覚です。やっぱり外泊する患者さんが多いんでしょうね。医者も休みなので当然外来もなし。全く活気がなく(病院に活気があるのも変ですが)静かなもんです。

病室ではメジャーリーグ関係の本ばかり読んでるんだろう、と思ってる人も多いと思いますが実はここ数年江戸時代の庶民の暮らしに大変興味を持つようになりそういう関連の本をたくさん読んでいます。江戸風俗研究家として有名な杉浦日向子さんの本はほとんど読みました。今は同じく江戸風俗研究家の石川英輔氏の本を中心に読んでいます。杉浦日向子さんはもう10年以上前に40代の若さでご病気で亡くなられたのが惜しまれます。意外とおすすめなのは堀口茉純さんの「江戸はスゴイ」でしょうか。3人に共通するのは一言で言うと「江戸愛」。文章の上手さ、情報の正確さ、豊富さなど飽きさせません。学校で学ぶ定番の日本史よりはるかに面白く奥が深いですね。

というわけで暇なのでいつもより長くなりました。レッドソックスの2017年の戦力分析は近々に。